【誰でもできる】ゆで卵の殻を「ツルン」と簡単に剥く方法

アイキャッチ

ゆで卵の殻がきれいに剥けないとイライラしてしましますよね。

せっかく作ったゆで卵の殻を剥くときに、殻と白身がくっついて上手く殻が剥けずゆで卵がデコボコになってしまうとかなり悲しいです。

そこで誰でも簡単にゆで卵の殻を「ツルン」と剥ける方法をご紹介します。

ゆで卵の殻を簡単に剥く方法

ゆで卵の殻が簡単に「ツルン」と剥けると気持ちがいいですし、何しろゆで卵のできあがりがきれいです。

ゆで卵を作ってよくある残念なパターンがこちらのようなゆで卵ではないでしょうか。

ゆで卵

殻を剥くときに殻と白身がくっついてデコボコになってしまうパターンです。

こうなるとゆで卵の殻を剥いている段階でイライラしてしまいます。しかしもう大丈夫です。そのイライラに今日でサヨナラできるはずです。

卵の準備

ちょっと古い卵を使う

ゆで卵にする卵ですが、できればあまり新鮮すぎないものがいいです。つまりちょっと古い卵のほうがいいということです。

ゆで卵の殻がきれいに剥けない最大の理由は、白身の中に含まれる二酸化炭素によるものです。

この白身の中に含まれる二酸化炭素が茹でて熱を加えることによって膨張して薄皮とくっついてしまうことでゆで卵の殻がきれいに剥けない原因になります。

そしてこの白身の中に含まれる二酸化炭素は卵が生み落とされた直後が1番多く含まれています。しかし、この二酸化炭素は日数が経つにつれ少なくなるのです。

このことからゆで卵に使う卵はあまり新鮮ではない卵のほうが向いているということになります。

アイキャッチ卵の赤玉と白玉の違いを知っていますか?【まさかの事実】

冷蔵庫に入っている卵を使う

さらに卵は冷蔵庫に入っている卵を使ってください。お湯に入れたときの温度差も殻をきれいに剥くコツのひとつです。

卵に穴を開けるまたはヒビを入れる

これが殻をきれいに剥く最大のポイントと言っても過言ではありません。

卵にはとんがっている方と丸みが強い方がありますね。

その丸みが強い方に穴を開けるかヒビを入れることで卵の殻が剥けやすくなります。

穴を開ける方法は、100均で卵に穴を開ける専用のものが売られているのでそれを使う方法があります。

しかし、もっと簡単な方法があります。よくある「押しピン」を使う方法です。これならどこでも売っていますし、普通に押しピンとしても使えるので便利です。

穴を開けるのは簡単です。最初は殻が割れそうで緊張しますが、殻が割れることはないと思います。

卵
押しピン

そしてもうひとつの方法が、スプーンの底を使って卵にヒビを入れる方法です。

これも卵の丸みのある方にスプーンの底を使ってヒビを入れます。このときに注意するのはヒビが軽く入ればそれ以上はヒビを入れないでください。

ヒビは少しだけで大丈夫です。

ヒビ
スプーン

上の二つの方法は、先ほど説明した二酸化炭素に関係しています。

穴やヒビを入れることで、膨張した二酸化炭素を逃がす働きがあります。それによって白身と薄皮がくっつきにくくなります。


おすすめは押しピンで穴を開ける方法です。確実に穴を開けて二酸化炭素を逃がすことができるためです。

卵をゆでるお湯

ゆで卵の茹で方は、今までは水から茹でるというのが定説ですが、殻を簡単に剥くには沸騰したお湯に卵を入れて茹でていきます。

先ほども言いましたが、このときの卵は冷蔵庫から出したものを使ってください。

ゆで卵を茹でるときに黄身が端によらないように白身が固まる前に卵を転がすことがあると思いますが、強火のまま茹でると卵が勝手に動くのでほとんど転がさずにすみます。

そして念のため殻が割れて白身が鍋に広がらないように塩かお酢を少し鍋に入れておくといいです。

茹でる
塩

 

そして茹で上がったら氷水で冷やしてください。粗熱が取れるまでは十分に冷やしてください。冬場は冷水でも大丈夫です。

氷水で冷やす場合は気を付けてください。油断すると氷水がぬるま湯のようになってしまうことがあります。


ゆで時間は半熟卵で7分〜8分です。この時間を基準にお好みでゆで時間を加減してください。

ゆで時間

ゆでた卵の殻の剥き方

ゆでた卵が冷えたら殻を剥いていきます。

まず卵の殻を割ります。

卵の殻を全体を細かく割って(ヒビを入れて)いくイメージで割ってください。そして殻を割った卵は、今まで茹でた卵を冷やしていた水の入った容器に戻して水に漬けておいてください。

こうすることで固まった白身と薄皮の間に水が入り込んで殻が剥きやすくなります。

よく卵の殻を割る方法で、卵を横にして手のひらで転がしてバリバリ割っていく方法がありますが、この方法だと半熟卵にした場合に半熟卵が潰れるリスクがあります。

そして殻を割ったら(ヒビを入れたら)水道の水をゆで卵にあてながら殻を剥いていきます。

水道

このときに殻を剥いているところに水道の水をあてながら剥いてください。

ここまでくると「ツルン」と簡単に殻が剥けるはずです。

殻

まとめ

今回ご紹介したゆで卵の殻の剥き方を実践すれば、もうゆで卵の殻が上手く剥けずにイライラすることがなくなるはずです。

ゆで卵の殻が「ツルン」と剥けると気持ちいいですし、料理がはかどります。

ゆで卵を使って美味しいタマゴスプレッド やタルタルソースなど作ってみてください。