地鶏とはどんな鶏?美味しい秘密は飼育方法にあります

アイキャッチ

お肉が充実しているお肉屋さんやスーパーに行くと鶏肉のコーナーには「地鶏」が売られています。

お値段はブロイラーとは明らかに違います。牛肉でいうと輸入肉と松坂牛のような違いを感じます。

そんな「地鶏」と言えば、やはり「美味しい鶏肉」というイメージですよね。それもそのはず。美味しくなかったら高い値段で売れるわけがありませんから。

ではなんで地鶏は美味しいのでしょうか?美味しい物には理由があります。

ここでは地鶏とはどんな鶏なのかなぜ美味しいのか説明します。

地鶏とはどんな鶏?

地鶏の基準

日本農林規格(JAS)による基準

  • 在来種由来の血液(血統)が50%以上。
  • 孵化日から75日以上飼育している。
  • 28日齢以降は※平飼いで飼育。
  • 28日齢以降は1㎡当たり10羽以下で飼育する。
MEMO
「平飼い」とは鶏を平らな地面を自由に運動できるように飼育する方法です。

地鶏として認められるにはこの条件を全てクリアしなければなりません。

地鶏

有名な地鶏では、名古屋コーチン(愛知県)、比内地鶏(秋田県)、青森シャモロック(青森県)などがあります。

仮にこの基準がなければ、日本で売られている鶏肉はほとんど地鶏として販売されていることでしょう。

在来種

以下の在来種の血液(血統)が50%以上がないと基準の対象になりません。

会津地鶏 名古屋種 黒柏鶏 小国鶏 比内鶏
伊勢地鶏 沖縄髯地鶏 コーチン 矮鶏 三河種
岩手地鶏 尾長鶏 声良鶏 東天紅鶏 蓑曳矮鶏
インギー鶏 河内奴鶏 薩摩鶏 蜀鶏 蓑曳鶏
烏骨鶏 雁鶏 佐渡髯地鶏 土佐九斤 宮地鶏
鶉矮鶏 岐阜地鶏 地頭鶏 土佐地鶏 地頭鶏
ウタイチャーン 熊本種 芝鶏 対馬地鶏 久連子鶏
軍鶏 エーコク 横斑プリマスロック ロードアイランドレッド

カタカナ名は明治時代までに定着した品種です。

美味しい秘密は飼育方法にあります

炭火焼き

飼育期間

飼育期間は基準では孵化日から75日以上飼育していることが条件ですが、実際は多くが100日以上飼育している場合が多いです。

対してブロイラーの飼育期間は55日未満なので、地鶏はブロイラーの2倍の期間または3倍の期間で飼育しています。

ブロイラーについてはこちらをご覧ください。

アイキャッチブロイラーとはどんな鶏肉?【解りやすく説明します】

飼育環境

飼育環境は基準では「28日齢以降は平飼いで1㎡当たり10羽以下で飼育する」となっていますが、こだわりのある生産者は1㎡当たり2羽というところもあります。

ブロイラーは1㎡の中に19羽〜22羽という密集した環境で飼育されているので、どれだけ地鶏は伸び伸びと飼育されているのかわかります。

さらに鶏舎の床は清潔に保たれています。

不衛生な環境では鶏にストレスをあたえてしまいます。糞や悪臭でハエがたくさん寄ってきたり、鶏舎の空気が悪くなるのはいい状態とはいえません。

飼料(エサ)

地鶏を飼育しているところは飼料もこだわりをもったオリジナルの「配合飼料」を使用していることがあります。

例えばその土地で生産される特産物などを上手く利用し取り入れるなど飼料にこだわっています。

飼料にもこだわりをもち、さらに飲む水にも気を遣って飼育しています。

飼育期間・飼育環境・飼料が美味しさを作っている

地鶏の美味しさは飼育方法にありました。

飼育期間・飼育環境・飼料が地鶏の美味しさではありますが、しかしこれは生産者さんが1羽1羽心を込めて飼育しているからです。

そのことがあるからこそ美味しい地鶏が飼育できるのです。

まとめ

ここまで見てきて地鶏と地鶏の美味しさについておわかりいただけたでしょうか。

地鶏は生産者さんが心を込め手間と時間をかけて飼育しています。

そうして自然に近い環境で育て地鶏の身は弾力とコクがありとても美味しくなるのです。


購入するには

地鶏の購入は大きなスーパーやデパ地下に入っているお肉さんなどでは有名な地鶏を販売していますが、現在ではほとんどインターネットで購入できます。

地鶏の種類はたくさんあるのでいろんな地鶏を食べ比べしてみると楽しいと思います。

ちょっと贅沢に地鶏で唐揚げをしてみる場合はこちらを参考にしてください。

アイキャッチ唐揚げを柔らかく揚げる方法【誰でもできる簡単なコツ】