【もう迷わない】ヒラメとカレイを簡単に見分ける方法

アイキャッチ

一見するとほとんど同じ魚に見えるヒラメとカレイ。

ヒラメとカレイの見分け方ってなかなかわからないですよね。

しかし1度覚えてしまうと間違えようがないくらいにしっかりと見分けることができるようになります。

同じ魚に見えてもしっかりと「ヒラメ」「カレイ」と名前が分かれているということは、別々の魚ということです。

ヒラメとカレイは見た目意外にも違いがありますが、ここでは見た目の違いに絞って解説します。

ヒラメとカレイを簡単に見分ける方法

ヒラメ
カレイ

左ヒラメに右カレイ

「鮃:ヒラメ」「鰈:カレイ」

俗にヒラメとカレイを見分ける言い方で「左ヒラメに右カレイ」という言い方をします。

この言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、ちょっとよくわからないですよね。

何が左で、何が右なのか基準がわかりません。

この言い方を聞くとほとんどの方は、「顔の向きかな?」と思うはずです。

しかしこの理解だとますますわからなくなりますよね。

以下の図をご覧ください。

ヒラメとカレイ

AとBのどちらがヒラメでどちらがカレイかわかりますか?

上の図は一般的に「左ヒラメに右カレイ」と聞いて思い浮かべる状態だと思います。しかしこれではさっぱりわかりません。

確かに頭は左か右を向いていますが、何を基準としてそういう向きになているのかわからないからです。

エラを基準に「左ヒラメに右カレイ」

どんな魚にもエラ(えらぶた)があります。そのエラを基準に「左ヒラメに右カレイ」を当てはめるとヒラメとカレイの見分けがつくようになります。

エラ

魚のエラ(えらぶた)は下から上(背中)に向かって半円形になっています。

そしてエラ(えらぶた)は上(背中)の途中まであります。

えらぶた

ここで魚の上下について説明します。

普通の魚の「下」とは「目の下に口がある」状態が「下」になります。つまり腹が下で背中が上になります。

※ヒラメとカレイは「目の下に口がある」状態がわかりにくいです。

そしてエラ(えらぶた)が上(背中)の途中まである状態です。→ここが重要です。

このことを上の魚の図にあてはめると、上の魚は左向きということになります。

それではこの条件をもとにヒラメとカレイを見分けてみましょう。

先ほどの図をもう一度見てみましょう。

ヒラメとカレイ

ここに先ほど説明した条件を当てはめてみます。

その中でも重要な一つを当てはめることでヒラメとカレイを見分けることができます。

それがエラ(えらぶた)が上(背中)の途中まである状態という条件です。

ヒラメ条件

黄色いラインがエラ(えらぶた)です。

エラ(えらぶた)が上(背中)の途中まであるのがわかると思います。

ここまでくると「左ヒラメに右カレイ」がわかりますね。

それでは問題です。

問:AとBはどちらがヒラメでどちらがカレイでしょうか?

答:Aがカレイ Bがヒラメ

以上がエラ(えらぶた)を基準に見たヒラメとカレイの見分け方です(「左ヒラメに右カレイ」)

ヒラメとカレイは口でも違いがわかる

ヒラメとカレイは口の形が違うので、口を見ても見分けがつきます。

ヒラメの口

ヒラメの口の特徴は、口が大きく歯が鋭いです。これはヒラメが食べるエサに関係しています。

ヒラメが食べるエサは、主に小魚です。

この小魚を捕食するために鋭い歯と大きな口が必要なんです。

カレイの口

カレイの口の特徴は小さいおちょぼ口です。カレイの口の形もエサに関係します。

カレイのエサはゴカイやイソメなどの小さな生き物です。その小さな生き物は砂の中などにいるので、それらを捕食しやすいような形になっています。


ヒラメとカレイを口で見分けるときは、大きさを基準にしてください。

それとヒラメの場合は歯が鋭いのでこれを基準にすることもできます。

まとめ

ヒラメとカレイを簡単に見分ける方法は、エラ(えらぶた)を基準に「左ヒラメに右カレイ」と見分けることができます。

補足として口の違いからもヒラメとカレイを見分けることができます。

このヒラメとカレイを簡単に見分ける方法を覚えれば、これから「ヒラメ?カレイ?」ということはなくなります。