外来魚の中でもニジマスはなぜあまり問題にならないのか?

アイキャッチ

最近は日本以外から持ち込まれる外来魚が大きな問題になっています。

琵琶湖や霞ヶ浦などでは深刻な漁業被害が出ています。

現在では外来魚の種類も多くなっています。

そしてそのほとんどが「外来魚」→「害来魚」となっています。

しかし、その外来魚での中には日本でほぼ認知されているような存在もいます。

それがニジマスです。

このニジマスは外来魚なんですが、日本の多くの人はニジマスはもともと日本にいる「在来種」だと思っている人が多くいると思います。

そんな事情もありニジマスは、日本ではほぼ認知されていてほとんど「外来魚」として問題になっていません。

ニジマスはなぜ外来魚としてあまり問題にならないのか?

ニジマス
虹鱒
Rainbow trout

外来魚ニジマス

虹鱒

ニジマスが日本国内に持ち込まれたのは1877年(明治10年)にアメリカ(カリフォルニア州)から持ち込まれました。

そして最初に養殖が始まったのは1926年(大正15年)長野県から始まりました。現在も長野県ではニジマスの養殖が有名です。

それから各地で養殖や放流が行われました。

ニジマスが持ち込まれて養殖や放流が始まったのはかなり昔の話なので、現代に暮らす人には生まれる前から当たり前のようにいるニジマスは「在来種」だと思っている人が多いはずですよね。

そして現在では多くの川にニジマスが生息しています。

食用としてのニジマス

スーパーの魚売り場でニジマスが売られているのを見たことがあると思います。

ニジマスが日本に馴染んでいる例として、ニジマスは食用として喜ばれています。

先ほど話しましたが、ニジマスは昔から養殖しています。さらにニジマスの養殖は比較的容易に行えるので、淡水魚の養殖では圧倒的にニジマスが多いので流通量も多くなります。

スーパーの魚売り場で売られているニジマスに対して悪く思う人はいないと思います。

売られていると言うことは、買う人もいるわけで、それを食べて喜んでいる人がいるわけですから。

このようにニジマスは昔から食用として日本人に馴染みのある魚なんです。

レジャーとしてのニジマス

山の方へ向かってドライブをすると「釣り堀」という看板を目にしたことはありませんか。

その看板の先には水のきれいな小さな川を利用した釣り堀や人工的に作られたいけすの釣り堀があります。

釣り堀

その釣り堀の中の魚はほとんどの場合はニジマスです。

この釣り堀は普段釣りをしない人でも実際に生きている魚を釣る体験ができ楽しめます。

魚がエサを食べる瞬間を見ることができたり、魚が釣れたときに釣り竿に伝わる感触を感じることができます。

そして釣ったニジマスをその場で串に刺して塩焼きにして食べることができる釣り堀もあり、塩焼きにしたニジマスを背中側からガブリッと食べるのはとてもいい思い出になります。

ここでもニジマスは好印象な魚になっているはずです。

漁業被害としての声

なぜ「外来魚」→「害来魚」になるのか。

一番の理由は漁業被害です。とくに湖で漁をしている漁師さんに被害が甚大です。

湖で漁をしている漁師さんが捕る魚は、日本にもともといる「在来種」です。


ここで「外来魚」がなぜ漁業被害をあたえてしまうのか説明します。

日本で問題になっている外来魚は、繁殖力が非常に高く爆発的に数を増やし続けます。

そして、漁業被害をだす外来種の一番の問題点は「Fish eater(フィッシュイーター)」と呼ばれる魚をエサにする魚です。

そのフィッシュイーターの外来魚はとくに小魚をよく捕食してしまいます。これが一番の問題です。

どういうことかと言うと、湖で漁をしている漁師さんが捕っているのは日本にもともといる「在来種」です。

その中で体の小さな魚も捕っています。例えばワカサギ、ホンモロコ、稚鮎、など。

この小魚をフィッシュイーターの外来魚がエサとして食べてしまうんです。

そのフィッシュイーターの外来魚として有名なのが「ブラックバス」です。

ブラックバス

1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

このブラックバスは繁殖力も高くとても大食漢でなんでも食べます。動く物ならほとんど食べてしまします。

小魚はもちろんカエルやザリガニ、ミミズ、昆虫まで何でも食べます。

近年このブラックバスが多くの湖や池、川で繁殖していて、とりわけ琵琶湖や霞ヶ浦で大きな問題になっています。


こうしたブラックバスに対しての漁業被害の声がテレビでも多く聞かれるようになりましたが、ニジマスについては漁業被害の声が上がりません。

漁業被害の声が上がらないことから、ニジマスは「外来魚」→「害来魚」となっていないとも言えます。

ニジマスがあたえる生態系の影響

ニジマスは外来魚なので少なからず在来種の生態系に影響をあたえます。

とくに生態系に影響があるのは北海道です。北海道で有名な「オショロコマ」という魚の生息域を奪われてしまう例があります。

魚

オショロコマはイワナの近縁種で体長が20〜30cmほどしかなりません。そしてオショロコマより大きくなるニジマスが生息域を奪ってしまうのです。

もともと生息していたオショロコマが激減することは北海道にとって非常に深刻な被害です。


しかし、本州以南ではあまりニジマスによって生態系が著しく影響されたということは聞きません。

ニジマスはごく自然に川にいるイメージです。

もちろん在来種のイワナやヤマメと同じ川に生息している場合が多いわけですが、とくに生態系が壊れたということはほとんんど聞こえてきません。

ひょっとすると本州以南ではうまく在来種と共存できているのかもしれませんね。

生態系から見ても北海道以外ではそれほどニジマスが外来魚として問題になっていません。

まとめ

ここまで見てくるとニジマスは昔から日本で養殖され、また放流されていたこともあってニジマスが外来魚ということを知らない人が圧倒的に多いはずだということも理解できたと思います。

そしてニジマスは北海道以外では生態系を著しく壊すこともなく自然に川に生息しています。

またニジマスが外来魚として敬遠されないのは、食用として価値のある魚でもあるためです。日本人はマスやサケが大好きですから。

こしたことから現在ニジマスは北海道以外の本州以南ではほとんど認知された唯一の外来魚ではないでしょうか。

仮にブラックバスが食べて美味しいとしてもニジマスのような存在にはならないことでしょう。