料理の「さしすせそ」って知っていますか?

アイキャッチ

昔からよく言われている料理の「さしすせそ」主に和食の煮物を作るときに使う言葉ですが知っていますか?

最近は食の欧米化で和食の煮物を作る機会が減ってきているので、知らない人の方が多いかもしれませんね。

そんな料理の「さしすせそ」をここでしっかり覚えてください。

「さしすせそ」を覚えておくと、たまに煮物を作る時に「さしすせそ」を思い出して調理したら煮物が美味しくできあがるかもしれませんよ。

「さしすせそ」って知っていますか?

「さしすせそ」は調味料の名前

さ・し・す・せ・そ
  • 「さ」・・・砂糖
  • 「し」・・・塩
  • 「す」・・・酢
  • 「せ」・・・醤油
  • 「そ」・・・味噌

さしすせそ

これは何となくわかりますよね。

「さしすせそ」は砂糖、塩、酢、醤油、味噌の5つの調味料です。

「さしすせそ」は調味料を入れる順番

「さしすせそ」は5つの調味料だとわかりました。

しかし「さしすせそ」の意味はその調味料を入れる順番なんです。

まず1番最初は「砂糖」をいれ2番目に「塩」3番目に「酢」4番目に「醤油」5番目に「味噌」という順番になります。

もちろん煮物を作る時は必ずこの5種類を全部使うことはあまりないと思うので、使わない調味料は飛ばしてください。

砂糖を1番最初に入れる理由は、砂糖の分子に関係します。分子というと科学っぽい感じで難しいと思いますが、軽く聞き流してもらっても大丈夫です。

分子

砂糖の分子は2番目の塩の分子や塩味のある他の調味料の分子より大きいんです。その逆に塩などの塩味のある分子は砂糖よりも小さい分子です。

これはどういうことかというと、塩やその他の塩味のある調味料の小さいぶんしが食材の中に入ると、それより大きい砂糖の分子は食材の中に入れなくなってしまうからです。

その結果、塩より後に砂糖を入れると食材に甘味がつきにくくなってしまいます。

なので分子の大きい砂糖から鍋に入れれば食材に甘味を付けることができます。そしてその後に分子の小さい塩味のある調味料を加えれば美味しく仕上がります。

味見

煮物料理を美味しく作ることができると料理上手というイメージですよね。

「さしすせそ」にはない「味醂(みりん)」と「酒」

煮物料理によく使う「みりん」と「酒」ですが、「さしすせそ」には入っていません。なんだか煮物料理に必要な「みりん」と「酒」が仲間はずれのような感じですね。

ここで疑問が出てきます。「みりん」と「酒」はどのタイミングで鍋に入れたらいいのかわかりませんね。

さきほど「さしすせそ」は調味料を鍋に入れる順番ということを話しました。

1番最初は「砂糖」を入れ2番目に「塩」3番目に「酢」4番目に「醤油」5番目に「味噌」という順番でしたね。

「酒」の場合は「砂糖」と同じタイミングで大丈夫です。

「酒」はよく肉や魚の臭み取りとしても使われるように最初鍋に入れることでその効果を得ることができますし同時に食材に味を入れやすくしてくれる働きもあるからです。

煮付け

「みりん」の場合は使っている「みりん」の種類によって入れる順番が変わります。

みりんには大きく3タイプに分かれます。

  1. 本みりん(アルコール含む)
  2. みりんタイプ調味料(アルコール含む)
  3. みりん風味調味料(アルコール無し)

見てのとおり「みりん」にはアルコールが含まれている物とアルコールを含まない物があります。

先ほど「酒」は最初に入れるといいましたが、「アルコールを含むみりん」も「酒」と同じタイミングで大丈夫です。これはもちろんアルコールがふくまれているということで「酒」と共通ということです。

しかし、みりんタイプ調味料(アルコール含む)は塩が入っているので、できれば「砂糖」の後のほうが好ましいです。

そしてみりん風味調味料(アルコール無し)は「醤油や「味噌」などの用に料理の後半に入れるようにするといいです。この場合のみりん風味調味料(アルコール無し)は料理に照りを出すように使いましょう。

順番にすると「さ・さ・み・し・す・せ・そ・み」こんな感じですね。

みりん

まとめ

料理の「さしすせそ」は覚えましたか?

「さしすせそ」は調味料を入れる順番でした。ここではついでに「みりん」と「酒」を入れるタイミングもしることができましね。

しかし、必ずこの順番で作らなければならないというわけではありません。

実際、料理の最後で味見をしなければなりませんからね。そして味を直したいときはまた調味料を加えますから。

でも「さしすせそ」を守ると美味しく仕上がることには間違いありませんので、煮物料理を作る時には「さしすせそ」を思い出して作ってみましょう。